どうしたらいい?性病の検査と料金

性病でマイコプラズマに感染した場合の判断は?

マイコプラズマは肺炎を起こす事で知られていますが、それとは別に性病の一つとしてマイコプラズマに感染する可能性があります。
性行為をする事で病原菌に感染すると、病原菌が尿道炎を引き起こす場合がありますが、その場合の病原菌としては淋菌やクラミジアである場合もあり、必ずしもマイコプラズマであるとは限らないです。
マイコプラズマの症状はクラミジアと似ていて、男性の場合は尿道から膿が出たり、痒みや痛みなどの症状が現れる事があります。
女性の場合は子宮頸管炎を起こしてオリモノの増加などが症状として見られます。
また、必ずしも自覚症状があるとは限らずに、中には全く症状が現れない人もいます。
同じ性病であるクラミジアと症状が似ているために、どちらであるのかを症状だけで判断するのは難しいですが、マイコプラズマの場合は潜伏期間が1週間から5週間となっていて、クラミジアよりも潜伏期間が長くなっています。
潜伏期間の違いだけではどちらの性病であるのかを判断するのは難しいですが、いずれにしても自覚症状がでている時点ですぐに病院で診てもらうべきです。
放置しておくと感染が拡大していくために、違和感を感じた場合は早目に検査をする事が大切です。
淋菌やクラミジアの検査が陰性であるにもかかわらず、尿道に違和感がある場合にはマイコプラズマである可能性がありますが、それだけでは判断する事は出来ず、あくまでもその段階では可能性の一つに過ぎないです。
検査方法としては、男性の場合は尿検査、女性の場合は子宮頚部の粘膜を採取して検査を行い、検査結果は大体1週間程度で分かります。
治療する場合は一般的には抗生剤を用い、大体10日から14日程度の期間、治療をする必要があります。